それは育毛剤に含まれているアルコール成分が原因かも?

『育毛剤を使っているとパーマがとれやすい』

 

『髪が薄くなってしまったけどパーマはかけたい』

 

『パーマをかけたら頭皮の状態が悪くなった』

 

『パーマをかけたら抜け毛が増えた』

 

などなど、パーマにまつわる髪の悩みはいろいろあります。

 

その原因のほとんどはパーマ液やパーマ方法にあるのですが、それはさておき。

 

これからもパーマをかけ続けたいという方におすすめの育毛剤があります。

 

まず、こちらの実験結果をご覧ください。

 

毛包細胞の実験

 

実は、アルコール入りの育毛剤を使うと毛包細胞に大きなダメージを与えてしまうという結果になってしまったんです。

 

しかも、ほとんどの育毛剤にアルコールは入っています。無添加と書いてあってもアルコールは入っています。

 

実に、37品の育毛剤の全成分を調べてみました。

 

化粧品などで使用されるアルコールは「エチルアルコール」を指し、成分表示では「エタノール」とか「無水エタノール」と記載されています。他に、化粧品などで使われているアルコール類は、「グリセンリン」や「BG」と表記されています。

 

また、「フェノキシエタノール」「ベへニルアルコール」「ステアリルアルコール」「イソステアリルアルコール」「セチルアルコール(セタノール)」などは、アルコールのような名称ですが、アルコールとは別のものです。

 

育毛剤でアルコールが使用される目的ですが、主に、頭皮の清浄や殺菌、商品の防腐効果や成分の均一化が挙げられます。

 

結局、37品の育毛剤の全成分を調べた結果、たった1つですが、アルコールを使っていない育毛剤がありました。理論上、飲んでも、目に入れても大丈夫な育毛剤となります。

 

しかも、これが凄かったんです。なんと!

 

イギリスで行われた「第7回世界毛髪研究会議」で最優秀賞を受賞している商品でした。

 

この育毛剤がなぜ「第7回世界毛髪研究会議」で最優秀賞を受賞したのか?

 

それは、脱毛の原因であるTGF-β因子を抑制し、発毛因子であるFGF-10を3倍に増やしたからです。

 

これにより、髪が育ち、ハリやコシが復活するのです。

 

マイクロセンサー理論

 

さらに、この育毛剤は栄養が行きわたらない状態の頭皮も元気にしてくれます。

 

頭皮の細胞を用いた実験

 

つまり、パーマで痛んだ頭皮でも、細胞が増殖する可能性が大きいのです。

 

だから、これからもパーマをかけていくという方には、毛髪や頭皮のためにもノンアルコールの育毛剤をおすすめします。

 

⇒ 世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト[M-1]

女性用の育毛剤とその効果

薄毛を気にして育毛をする人は少なくありません。男性と女性とでは使う育毛剤が違いますが、女性用の方が効果が高いようです。どんな理由があって、女性用育毛剤の方が効果が期待できるというのでしょう。一番の理由として考えられるのは、薄毛になる原因が男性と女性では異なるからです。男性は髪の抜ける量が多くなり、頭髪の本数自体が少なくなっていますが、女性は髪が細くなるために薄毛になります。髪に栄養を与えるとか、生活習慣を改善するだけではなかなか効果が出ない為、改善する余地が女性に比べてかなりあります。女性用の育毛剤の方が、より効果があるという事ではありません。髪の数を増やして育毛をするためには、どうして抜け毛が多くなっているのかを把握することがまず第一です。どんな理由で抜け毛がふえたかで、育毛剤の使い方が決まるといっていいでしょう。女性の場合は髪が細くなって全体的に髪が薄くなっていても、髪そのものが無くなっている訳では無いのです。女性用育毛剤は、髪を太く濃くするための成分が配合されています。女性の抜け毛の原因を考えると、年齢や閉経などによる影響が大きいといわれています。実際の所女性の場合は、男性ホルモンが少ないので脱毛遺伝子を持っていても、きちんとしたケアをして女性用の育毛剤を使用すれば、薄毛は改善する事ができるのです。