アルコール入りの育毛剤を使用してしまうと・・・

アルコール入りの育毛剤を使用すると、せっかく白髪染めをしても落ちてしまうのです。

 

だから、髪をカラーリングしたり、白髪染めを使っていたり、ヘアカラーをしている方には、ノンアルコールの育毛剤をおすすめしたいのです。

 

が!

 

調べてみてびっくり!ほとんどの育毛剤にはきっちりとアルコールが入っていました。

 

しかも、このアルコール、色を落としてしまうだけでは済まなかったのです。

 

実は、もっと恐ろしいことが・・・。

 

それは、毛包細胞に大きなダメージを与えているという事実があるのです。

 

こちらの実験結果をご覧ください。

 

毛包細胞の実験

化粧品などで使用されるアルコールは「エチルアルコール」を指し、成分表示では「エタノール」とか「無水エタノール」と記載されています。他に、化粧品などで使われているアルコール類は、「グリセンリン」や「BG」と表記されています。

 

また、「フェノキシエタノール」「ベへニルアルコール」「ステアリルアルコール」「イソステアリルアルコール」「セチルアルコール(セタノール)」などは、アルコールのような名称ですが、アルコールとは別のものです。

 

育毛剤でアルコールが使用される目的ですが、主に、頭皮の清浄や殺菌、商品の防腐効果や成分の均一化が挙げられます。

 

アルコールって恐いですよね。

 

たった1つの育毛剤が凄かった!

当方で調べた37品の育毛剤のうち、アルコールを使っていないのは、たった1品だけでした。

 

でも、この1品がすごかったのです!

 

イギリスで行われた「第7回世界毛髪研究会議」で最優秀賞を受賞していたのです。

 

この育毛剤がなぜ「第7回世界毛髪研究会議」で最優秀賞を受賞したのか?

 

それは、脱毛の原因であるTGF-β因子を抑制し、発毛因子であるFGF-10を3倍に増やしたからです。

 

これにより、髪が育ち、ハリやコシが復活するのです。

 

マイクロセンサー理論

 

また、白髪染めやカラーリングをしていると頭皮が痛んでしまう場合があります。そういったときでも、この育毛剤は有効なんです。

 

頭皮の細胞を用いた実験

 

栄養が行きわたらない状態の頭皮も元気にしてくれるのです。

 

ということで、髪の色が落ちないようにするためにも、ノンアルコールの育毛剤を使って欲しいし、薄毛にならないようにするためにも、ノンアルコールの育毛剤を使って欲しいと思うのです。

 

それがこちらになります。

 

⇒ 世界初!分子ピーリングの発毛・育毛ミスト[M-1]

女性用の育毛剤の選び方

薄毛に悩む女性が少なくないことから、最近では女性用の育毛剤も多くなってきているといいます。育毛剤の種類は豊富ですので、どれがいいか決めるのは手間がかかります。何を基準にして、よさそうな育毛剤を選ぶべきでしょう。女性用の育毛剤に含まれている成分には、いくつかの種類があります。女性用育毛剤を選択する時には、自分の髪にとってどの成分が必要なのかを見極めることが第一になります。女性の薄毛の原因には、女性ホルモンの不足によって起こるということも言われていますので女性ホルモンと同じ成分が含まれている育毛剤が販売されています。気をつけなくてはいけないのが、敏感肌の人が育毛剤を選ぶ時です。肌が弱い人、乾燥肌の人は、肌への負荷があまり大きくない育毛剤を探すことです。添加物の少ないものや、天然成分でつくられた育毛剤があります。育毛剤の刺激で肌トラブルが発生すると、肌が腫れたり、ふけが増えたり、かゆみがひどくなる可能性があります。女性の場合は、香りや育毛剤の容器などの細かい点にも、購入する際には気になる人も少なくないでしょう。女性用育毛剤の場合、商品そのものの機能だけでなく、パッケージや装飾なども意匠が凝らされていることがあります。男性用の育毛剤は女性用と比べて、よりたくさんの種類の商品があり、男性用のもの使用すれば、より効果があるのではと勘違いしそうです。男性は女性と薄毛の原因が違うので、むやみに使用して悪化する事も考えられるので必ず女性用の育毛剤を選ぶようにしましょう。